肉類を使うイタリアン

イタリア料理を知ってみては?

南部の名物が魚介類であれば、イタリアの北部の名物は肉料理になります。
特にカツレツ、ビーフステーキは有名で、豚肉の場合は加工品が愛用されています。

代表料理は肉やハムをパンに乗せて食べるブルスケッタ。
牛肉のカルパッチョもありますし、揚げ物のピカタなどなど。
イタリアは肉料理もシンプルに作られているんですね。

イタリアンと聞けばパスタとピザですが、これはメインでは無いんです。
メインは肉料理か魚料理。
日本の場合はメインディッシュとしてどちらかを選ぶというお店も多いです。
肉か魚、その日の気分で選ぶことができるのは良いですよね。

イタリアは宗教的にNGな食べ物というのがありません。
牛、豚、羊、鶏などとにかく何でも食べることができる嬉しい国。
そして動物性のタンパク質としてチーズをよく食べることでも有名ですよね。

なのでお肉とチーズが北部の料理では定番と言われています。
乳製品も多様されたチーズリゾットなど。
南部よりは濃厚なイメージがあるのが、北部の特徴と言えるかもしれません。

日本でも北海道と沖縄では食べるものが全く違いますよね?
イタリアもそれと同じと考えてもらえればわかりやすいはず。
郷土料理という意味では日本と似てるところが多々あります。
これがイタリア料理が日本で愛されてる理由なのかもしれませんね。