魚介類を使うイタリアン

イタリア料理を知ってみては?

魚介類をふんだんに使うのもイタリア料理の特徴ですね。
イカ、タコ、貝、魚などはどの料理にも使われるほどです。
トマトソースやマリネサラダ、またはバルサミコ酢をそのままかけて食べてしまうシンプルさは私の大好物でもあります。

新鮮であることは勿論ですが、魚介類のパスタはイタリア料理の醍醐味と言えるでしょうね。
魚介類のパスタは様々な種類があり、どのパスタを選べば良いか迷う程。
ピザの場合はシーフードという一言で済ましてしまうお店が多いですが、パスタの種類は本当に多いので飽きることがないと思います。

イタリアンの特徴として、メインディッシュがパスタではないこと。
メインは魚料理か肉料理、パスタとは別に出てくるのが特徴です。

魚は白ワインで煮込み、そのままトマト、オリーブを加えます。
ブイヨンを使わずに水だけで味が出るのがアクアパッツア。
そして白身魚が多いというのもイタリアンの特徴。

イタリアでは魚のスープが多く、南部では定番の料理になります。
こうしたシンプルな魚料理はずっと食べることができるヘルシーさもあります。
素材をそのまま活かして、煮る、焼く、かけるという豪快なイタリア料理は私に向いてるんだなとつくづく思ってしまいます。

定番かもしれませんが、魚を食べる時はやはり白ワインがおすすめ。
シンプルな魚料理に白ワイン。
これは一番の贅沢だなと常々思ってしまいますよ。