特徴的なイタリアンの野菜

イタリア料理を知ってみては?

イタリア料理でメインの後に出てくるのが野菜です。
イタリア料理は、食卓に料理の全てが一斉に置かれるということはありません。
一品一品順番に出てくるのが特徴です。

メインの肉か魚料理の後に出てくるのが野菜。

日本で食べる野菜であれば馴染みのある野菜を目にしますが、イタリアの現地に行くと馴染みのない野菜を目にすることが多いはずです。
実は味もちょっとだけ特徴が変わってきます。

トマトに関しても、日本のような甘みがあるものではなく酸味があるものです。
ナスも異様に大きく、皆さんが一番苦手とするズッキーニも苦い。
現地に行くと野菜が苦手という人が多いようなので、気を付けなくてはいけないかもしれませんね。

ちなみに、日本の野菜は本当に幸せかもしれません。
ただイタリアのような苦みを好んで食べるという人が多いのも事実です。
それにオリーブオイルをかけただけととてもシンプルな野菜が現地では多いです。

ボリュームがあるメインから順番を踏まえれば、苦みがあっても良いのかなと。
私自信はこう思ってます。

イタリア料理はシンプルですが、意外と食べ合わせが考えられた料理ばかりです。
それがコースとして現れます。
前菜からパスタやピザに行き、そのあとメインで野菜。
デザートからコーヒーとシンプルなだけにバランスが取れていると思いませんか?

この流れにハマってしまえば、必ずお酒などもより美味しく楽しめるはずです。